心の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)は遺伝するといわれていますが、本当なのでしょうか? 結論からいうと、病気そのものが遺伝することはありません。 しかし、両親が心の病気になりやすい体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)の場合、それが似てしまう可能性はあると思います。 そのため、心の病気そのものは遺伝しないでしょうが、なってしまう可能性は普通よりも高いと思っましょう。 心の病気というのは、体質以外にもストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)や考え方が大きく発症原因と関係しています。 心の病気になり易い体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)だったとしても、ストレスがない環境で生活をすれば発症することはありません。 それに、ストレスを感じづらい考え方をしている場合も、発症することはないでしょう。 複数のことが重なって心の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)を発症するので、仮に心の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)になりやすくても、ストレスと考え方に注意すれば防ぐ事ができるためにす。 親が心の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)だから自分もなるかもしれないと思っていると、それがストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)になって患う可能性がありますから注意しなけれねいけませんね。 できるだけ気にしないというのが一番ですー